うらじーの日記
趣味のラジコンや日々の出来事をボチボチあげていきます。
プロフィール

うらじー

Author:うらじー
こんにちは!
うらじーといいます。
趣味のラジコンや日々の出来事をボチボチ更新して行きます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問履歴

フリーエリア

無事帰国
昨日の午後8時無事広島に戻ってきました。

くわしくはのちほどUPします。
スポンサーサイト
明日から旅行
台湾の予定でしたが、香港に行ってまいります。

現地のショップなどに行ってきます!!

バッテリー買うぞ~~。
ミニッツ走行会
美和サーキットから帰ると直ぐに公民館へミニッツ走行会の準備に行きました。

今回は途中参加ではないので、たっぷり遊べます。

コース・計測器を設営しフリー走行の開始!!

いつものMR02を走らせます、フロントのグリップが高すぎるようで
動きがピーキーなのでFタイヤを60に変更良い曲がり方をするようになりました。

これなら、ベストはらんてぃより少し落ちるかもしれないが、安定してラップが刻める!!

目標は優勝ですから!!

そして、いつもの予選スタート!!
今回は15分のベストラップ方式さてさて結果は
VFSH0006.jpg


Bメイン
せーじ君 S藤さん N田さん イシタン

決勝レースは5分、スタートからせーじ君N田さんの FD VS GT-R
のMR01対決(絶版車対決)がテールトゥノーズのいいバトルです。

そのあおりを食ったのがS藤さん、なかなか2台をいっぺんにパスは難しい状況です。

イシタンも車のセットが出たようで今まで以上にいい走りをしております。

結果バトルを制したのはせーじ君で確か初のAメイン勝ち上がりです!
(彼は、今回プロポの違いをしみじみ味わったでしょう)

さてさてAメイン決勝

わし、らんてぃ、T野さん、T川さん、勝ち上がりを決めたせーじ君
となりました。

スタートでワシT野さんと度々接触しらんてぃに半周遅れをとる形となりましたが、その後安定したラップを刻み他車と絡んでいるらんてぃをパス!!
トップに出ましたよ~~~!!

正直その後の流れはあまり覚えておらず、5分終了

トップはワシでした!!!

勝因はと言うとインテレクトが思ったよりパンチが無くて走らせやすかった事でしょうか・・・・。

EP4200インプレッション②
10月15日朝も早くから「美和サーキット」行ってまいりました。

今回の目的はタイム更新とEP4200のテストそしてメインは


皆で焼肉で楽しむ!です。


練習走行でまず、タイヤをノーマーク+30 を使用
朝一の走行にもかかわらず、グリップは高く動きは重めです。

タイヤを+30シルバードットに交換、いい動きをしています。
使い古しのGP3700でしたので途中タレて走行終了しましたが
14秒台を出していたので、今日もタイム期待できます。


バッテリーをVTEC3800にして走行、タイムは32周 8分14秒位でした。
一応32周いったのでノーミスで行けば・・・

ますます気分を良くしてさあっ!!  焼肉
VFSH0003.jpg


たっぷりと肉を用意してきましたよ~。
天気のいいお外で食べる肉は最高です!! ホルモン、ウマーーーーッ

おなかも満たされた所でEP4200の登場です!

マジ?これマジ?
前回よりもパンチがあるんですけど・・・・
確か充電終了時のEXPⅢの数値も前回より良くなっていたし

ストレートも鬼速ですが・・・

正直コントロールが難しいです。
極端なバッテリーの電圧の落ちも感じられず、若干なれた頃に、縁石に乗り上げてジャンプ!!!!
そのまま走行再開、数周後・・・ストップ動かなくなりました。
近づくとなにやら香ばしい匂い

モーターブローしてしまいました。

8分フルに走行が出来なかったのが残念ですが、EP4200性能の片鱗を垣間見た感じでしかし、またしても、中途半端なインプレッションになってしまいましたが・・・
当日使用したバッテリーの中(インテ4200VR-1、3800、)より
パワフルでした。


EP4200 インプレッション
先週、タイムアタック時に新しいバッテリーを使ってみました。

あくまでも個人的な感想の範囲でお伝えします。

EP4200UV.jpg


EP4200、kimihiko-yano.netさんで購入
このバッテリーは高電圧型と高容量型の2種類あり、1本づつ購入

高容量型の+側の絶縁板は赤色で見た感じヨコモのGRB4300見たいにも思えます。

事前に慣らしをして、前日の夜にシャインテクニカBALANⅥで0.9Vで
コンディショニング放電、当日はやはり充電前の(0.9V)放電
BALANは6本のセルのコンディションが揃うまで1セルずつを管理放電する放電機でバッテリー管理にとても重宝します。
最初に放電終了したセルと最後に終了したセルではコンディションが違いすぎる為、

  6本セル放電終了   1~2分バッテリー電圧回復 ⇒数回放電待機
(セル間で放電時間の差大)  して、再び放電開始     を繰り返す

⇒ 6本セル放電終了     コンディショニング終了
(セル間で放電時間の差小)

これを自動で行ってくれる訳です。

baran_6.jpg


両方共に充電をして、終了温度48度くらいでそのあと充電終了後、3度くらい上がりますので51度くらいでしょうか?

まずは高容量型、パンチはインテレクトSHVほどは感じられません、GP4300と同等位でしょうか?
2分過ぎからパンチが少し落ちるのを感じそのまま8分過ぎてもレーシングスピードを保ちました。

高電圧型は、パンチがありインテレクトに近い感じはあります。
高容量型の時のような2分過ぎからのパンチの落ちもありません。
結構握りすぎた感じはありましたが、8分レーシングスピード保ちました。

SHV>EP4200高電圧=インテ4200>EP4200高容量=FMAX4300>GP4300
ワシ的にこんな感じでしょうか。

今週も走行してきますのでもしかすると、バッテリーが育っているかもしれないので、何か気づけばお知らせします。