うらじーの日記
趣味のラジコンや日々の出来事をボチボチあげていきます。
プロフィール

うらじー

Author:うらじー
こんにちは!
うらじーといいます。
趣味のラジコンや日々の出来事をボチボチ更新して行きます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問履歴

フリーエリア

ご質問について
え~~っただいまラジ天のナイトレースから帰ってきました。

ご質問がありましたので、お答えいたします。

耐久に使うバッテリーは、12000ミリアンペアまでで、これを使って再充電しながら3時間を
走っていただきます。

なので、いつものリアツーのような充電設備はいらないとはいきませんので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
同時開催 F-1
MINI3時間耐久と同時日にF-1クラスも開催いたします。

レギュはリアルツーリング時と同じですがレース形式が少し変わります。

シャーシ ダイレクトドライブ2WD

タイヤ  スポンジ

モーター  マブチ・ジョンソン製 540

バッテリー  7.2V 1600ミリアンペアまで


予選5分間×2回 (ベストラップ)

決勝 35周レース


となります。

MINI 3時間耐久レース
先日、予告していました「MINIクラス 3時間耐久レース」の日程が決まりました。

7月20日 (日) 場所は弥栄ダム、がんね白滝公園オンロードサーキット

ミニ3時間耐久レースレギュレーション
MINI.txt

なお、ポンダーの関係上、10チームエントリーで締め切らせていただきます。

申し込みは随時こちらのブログのコメント欄、もしくはプラトピア広島さんで受付いたします。

チーム名 参加メンバー名 連絡先〈携帯・メアド) 希望バンドをお知らせください。

弥栄ダム、がんね白滝公園オンロードサーキット
yasaka.gif  yasaka2.gif



酸素カプセル
今更ですが・・・酸素カプセル初体験してきました。

奥さんと夜の散歩中たまたま家から近くにあったのを見つけた為
早速仕事帰り寄って見ました。

場所は南区段原、最近首から肩にかけてひどくこって、頭痛がありました。

疲労回復 アンチエイジング 怪我の早期回復 美肌
効果のほどは半信半疑、どちらかと言うと興味半分での体験。

お店の方から説明を受けていざ!!

カプセル


カプセルと言うよりは、テントといった感じのマシーン

(高濃度酸素シャワーカプセルは、通常の大気の酸素濃度は21%を酸素濃縮機により1.5倍の30%~35%に高め、内圧を通常大気の1.2倍の1.2~1.3気圧に高めています。それにより(ヘンリーの法則)溶解型酸素を増やし体の隅々まで酸素を送ることが可能になります)とLuftさんのHPには書かれています。

気圧が変化して鼓膜が痛くなるのを防ぐ為、耳抜きをしなければいけないのですが、上手くできません。
インターホンでそのことを伝え、気圧を調整していただき、上手く耳抜きができました。

あとは横になってるので、40分間楽な姿勢で寝るだけです。

20~30分すると頭痛がなくなってることに気づきました??

40分が終わりカプセルから出ると、首のコリが楽になってるんですよ!!
どうりで頭痛がおさまった訳だ・・・。

と、いった具合に何だかすごく良かった気がする。

最初のうちは3日に1回通うのが理想らしい、割引特典もあるので通いやすそうだし、
ちょっと、気に入ったよ。

酸素カプセルサロン LuftさんのHP
http://www3.ocn.ne.jp/~luft-o2/index.html
YRF-2
SBSH0015.jpg

今回のリアツーも ヨコモのYRF-2と言う車両を使用しました。

この車、約15年くらい前にヨコモから販売された物で、駆動方式はFFを採用されています。

とてもシンプルなシャーシです(ショックが無いところもシンプル??)確か広坂正美のパパが設計
したんじゃなかったでしょうか??

Image458.jpg   Image459.jpg   Image461.jpg


今回の改造点はフロントのスタビプレートを2枚重ねにしさすの効きを硬くし、車高を5mmとしてストロークを減らてます。
リヤはサスの支点を低くし制御用のスプリングを片効きから両効きに変更、フリクションでリヤの跳ねを制御するようにしました。

これにより、今までのような落ち着かないリヤの挙動が影を潜め、とてもコントロールしやすくなりました。

フロントデフをロック状態で使用すると、4WDなみのトラクションを確保できたのですが、
コースのワダチにステアがとられると、あらぬ方向に飛んで行き結局デフを少々緩める結果になりました。
(サーボがフタバ3003の為保持力不足、デジタルサーボを使えば改善できたかもしれません。)

今回のデータ

マシン  ヨコモYRF-2

モーター  タミヤライトチューン
バッテリー タミヤ1600SP
タイヤ    タミヤSP1023(ユーズド)
サーボ   フタバ 3003
アンプ   ノバックテンペスト
受信機   KO KR294-F
送信機   サンワ M8 

車高      F5mm R5mm
キャンバー  F2度  R 1度