うらじーの日記
趣味のラジコンや日々の出来事をボチボチあげていきます。
プロフィール

うらじー

Author:うらじー
こんにちは!
うらじーといいます。
趣味のラジコンや日々の出来事をボチボチ更新して行きます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問履歴

フリーエリア

バッテリーのチェック
先日の「ラジ天東広島」であったナイトレースの時、決勝でまったくと言っていいほど、パンチの無かった「ヨコモ1900RR」練習で使った「ヨコモ1400」の方がパンチも感じられ、どうしたものかと早速バッテリーのチェックを行いました。

充電はいつも使う、シャインテクニカ製 EXP-Ⅲ 設定プログラムをオートモードのAで3、0Aで放電はストレート製バーテックス 13A カット6、0Vで行いました。

まずは、調子の良いと感じていた「ヨコモ1400、使用回数5回」2本から

2本ともとてもプライス以上の優秀な成績です。
ではこれを基準に比べてみましょう。

「ヨコモ1900、使用回数3回」さてさて充電のピーク電圧が11Vを超えています、ていうか大丈夫なんでしょうか?

昔の感覚でニッカドがピーク11V越えだと使い物にならないゴミなんですが・・・。
(どうも最近ある中国製セルはこんなものらしいが・・・)

その心配は放電開始から数十秒で現れてきました。

「おいっあんたぁ、一応1900なんやろ?偉そうにRR(ダブルアール)って貼ってあるやん・・・。」

まあ、結果が下のグラフなんですが価格差半分の1400がグラフでは勝っています。

No.008がヨコモ1400 No.019がタミヤ2400 №004がコスモ1500 №005がタミヤ1600
№014がヨコモ1900 №009がイーグル2200

dennchitachi.jpg

それから気になった手持ちバッテリーの「コスモエナジーKAMI1500、使用回数5回」も計測

・・・  ・・・  ・・・ 言葉に出ません。

ただ、コスモのバッテリーに関しては走行時、ある程度パンチは感じていたので・・・が放電時間が・・・

ちなみに恐る恐る「タミヤ1600、使用回数10回」を計測すると、電圧、放電時間ともにまあ納得する、結果でした。

オマケに「イーグルGP2200使用回数12回」のデータは・・・
素晴らしいの一言、最後のカーブを見ると惚れ惚れしてしまいます。 


「タミヤSANYO2400ZAP」はピーク電圧も10V台で安定した電圧・放電時間を示していました。


結論をいうとやはりニッカドはSANYOのものです!!(SANYO製が2400・1700SPしかないが)


ヨコモ1400はコストと性能面で◎ タミヤ1600性能面◎コスト○ 

ヨコモ1900 コスト・性能両面で××  コスモ1500コスト・性能△

(リアルツーリングには規定で1900は使用できませんが、他のバッテリーはランタイムは問題ないくらいの性能はありますし、電圧は、本部管理の追い充電なしですから、あまり関係ないと思われます。ただしリアルツーリングに関してはですが・・・)

ヨコモ1900×2 コスモ×2でおおよそ1万円の出費が・・・。

あ~っ素直にタミヤ1600か割り切ってヨコモ1400買っとけば良かった。







スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/07 21:50】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hisa1106.blog24.fc2.com/tb.php/270-722bced4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)